読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『3月のライオン(前編)』を見た

3月のライオン(前編)』を見た。

 f:id:raynazarashi:20170404151202j:plain

 

もともとは興味がなかったのだが、キャストが豪華だったこと、原作を読んでみたらとても面白かったので見てきた。

感想。

・キャスト陣の演技

神木隆之介くんの演技は安定してよかった。彼が演じている桐山零がある出来事でどうにもならない感情を抱え「将棋しかねえんだよおおおおおお」と泣き叫ぶシーンが鳥肌が立つくらいすごかった。一言では言えない、怒り、悲しみ、孤独、さまざまな感情が入り乱れた叫び声。さすが神木隆之介!!!!と思った。

また彼の義理の姉の役を演じた有村架純ちゃんの演技も新境地だった。いつもはひたむきでかわいいけれど芯を持った女の子の役が多いと思うが、今回の役は義理の弟を惑わせる悪魔の役。気性が激しく怒鳴ったり、悪意を持った助言をしたり。性格が悪そうな有村架純最高。特に初登場してきたときの「足が冷えちゃった」ってセリフがなぜか胸に刺さった。

他にも少ししか出演しない役にも名の知れた俳優を使っていてびっくりした。MOSTOFびっくり大賞はスミス役の中村倫也くん。予告の映像にも出てきてなかったしあんな髪形なのでびっくりしました。

 

・緊張する

将棋の対局を画面越しで見ているだけなのになんであんなに息を詰めて緊張して見てしまうのだろうね?この緊張感が長いなって思う原因だったのじゃないだろうか。そして、せっかく将棋の映画を撮っているのだから、もっと碁盤のカットをじっくり見せてくれればいいのにと思った。今何が起きているのかもっと詳しく知りたかった。でも、この映画を見て将棋に興味を持ったっていう人もきっといると思う。ちなみに私も将棋久しぶりにやりたいと思ってさっきアプリでやってました。

 

◎まとめ

キャスト陣の豪華さ、演技込みで面白かったが、原作の良さが生かし切れてはいないなと思った。また後編に向けてもっと盛り上がりがほしかった。

『シン・ゴジラ』を借りた

シンゴジラTSUTAYAで借りてきた。映画館で見たものではないので書き方をいつもと変えてみようと思う。

 f:id:raynazarashi:20170331010628j:plain

ずっと見たかったんだよ!!!!!すっごい話題で日本アカデミー賞もとったしね!!!!でもゴジラってグロいし、キモそう、人が死ぬようなところサスペンス以外で見たくないというのが見る前の感想でした。

 

いや、全然違うね!?

まあ、ゴジラは直視するとキモイし、特に第二形態のゴジラじゃないときとか思わず声が漏れるくらいにはきもかった。

けれど、物語の主軸は人間の知恵を使ってどう対処していくかということで特撮の枠を飛び越えた人間ドラマになっていたと思う。

豪華な俳優陣でぼそぼそ早口でわけがわからない専門用語を話す、こっちとしては聞き取るのが大変。というか、はなからすべてを聞き取らせようとはしてないんじゃないかと思った。でも、なんかわかんないけど日本の頭いい人たちがなんかすごいことしようとしてる!!!!っていうことは伝わってきた。

私はこの作品かなり好きで「この国はまだまだやれる」って希望を持てたよ。日本まだやれる。がんばれる。

 

P.S.個人的にすごくツボだったのは『無人在来線爆弾』でした(笑)

見たこともないものを使ってゴジラに対抗するのではなく、在来線とかビルとかタンク車とか日常で使っているものでゴジラを倒すのが日本っぽいし、リアリティーがあってすごくよかったと思う。

『ララランド』を見た。

 

今回は『ララランド』を見てきた。

 f:id:raynazarashi:20170327162417j:plain

キラキラした作品、意見が分かれる評価、音楽映画などの観点から早く見たくてたまらなかった。

好きだったところ。

・もうとにかくキラキラしていた!!!!

一言でこの作品を言い表すとこうなるかもしれない。きらきらした音楽、ミュージカル、展望台、登場人物の着ている衣装、カメラワーク、主人公二人のなかなか叶わない夢までもがきらきらしていた。洋画は全く見ないし、ミュージカル映画もはじめてだったが、やはり映画館の音響で聞く大音量の音楽はいい。あと曲が終わった後に拍手する間があるのはズルい。したくなる。

衣装に関していえば、カラフルな衣装が外国的だったし黄色や青の原色のワンピースを着たくなった。

カメラワークがすごく好きだった。こちらが酔うんじゃないかと思うほどの大胆なワンカメショー。これによって臨場感が足されて物語や音楽にさらにスピードがあったと思う。

・二人の恋模様

ミアとセブの恋模様、特に二人がくっつくまでの件は下手な胸キュン映画よりきゅんときてしまった。私が特に好きだった曲も二人で歌っていた『Lovely night』なのだが、このときから続く、二人のくっつきそうでくっつかない感じがとても好きだった。映画館での手をつなぐかつながないかの駆け引きだとか、キスをしようとすると必ず邪魔が入ることとか。当人間でもだいぶ焦れていると思うが、観客もかなり焦らされる。この焦らしの効果で二人がくっつく展望台のシーンの幸福感が高まっているんだろう。

 

・予告

最近の日本の映画は予告でストーリーがほぼわかってしまったり、ラスト○○分での大どんでん返しなどわかりやすいものがよくある。(ちなみに『君の名は。』は違った)

これだとわざわざ映画館でお金を払って見る意味がよくわからない。

しかし、今回の映画の予告は違った。ストーリーのキラキラ感、音楽的要素の魅力は伝わってくるがストーリーが物語のあらすじ程度しか伝わってこないのだ。これが興味をひかれる。またミアとセブの出会いのシーンが予告によってミスリードされているのも個人的にはびっくりした。

自分的にはちょうどよい予告だったと思う。

 

◎まとめ

とっても心躍る良質なエンタメ作品だったと思う。邦画ではこういう作品はないだろうし、賛否が分かれるラストも物語の主軸は二人の恋ではなくて二人の夢が叶うかなのでハッピーエンドといえると思う。今年見た映画の中でぶっちぎりでナンバーワンである。

『一週間フレンズ。』を見た。

今回は『一週間フレンズ』を見た。

 f:id:raynazarashi:20170325095441j:plain

私は山崎賢人くんが好きなのだが、世間一般が推しているドS山崎よりかわいい山崎のほうが好きだ。その需要に久しぶりに供給が一致した!!!!!!!

 

好きだったところ。

山崎賢人くんがどちゃくそかわいい!!!

先ほども書いたが久しぶりの(江波戸くん以来の)かわいい山崎賢人くん。笑顔がかわいい。八重歯がかわいい。天使。こーんなにお顔がきれいなのにあの中二病っぽい髪形の転校生のほうがちやほやされるのはなぜだ!?

いっしょに見た友達は山崎くんの大ファンなのだが、彼女はスクリーン上の彼がかわいすぎてストーリーに集中できなかったらしい。全く本末転倒だ。

 

・涙活おすすめ作品

もう後半くらいから涙が止まらなくなる。話はよめまくっていたがやっぱり泣ける。設定がズルいね!?

 

◎まとめ

山崎賢人くんのかわいさと予定調和の涙のための作品だったかなと。予告編でストーリーがだいたいわかっちゃうのはもったいないと思うし、物語の核になるヒロインが記憶をなくした原因が誰にでもあるような些細な事だったのはよくなかったと思う。あんなので記憶なくしてたらこれから生きていけないぞ。

 

ハルチカを見た。

ハルチカ』を見た。

 f:id:raynazarashi:20170310010951j:plain

私の大好きなグループのメンバーである佐藤勝利くん、橋本環奈ちゃんが主演の顔面大勝利、胸キュンスイーツ()映画と予告編を見て思っていたが、どうやら違うらしいと評判だったので気になったので見てみた。

よかったところは

・ミュージカルみたいだった!!!!

吹奏楽のお話だから歌わないんだ。歌わないんだけど、なぜかミュージカルらしさを感じてしまった。吹奏楽部再結成のタイミングで弾いた『上を向いて歩こう』、授業をボイコットしてチカちゃんのために弾いた挑戦の『春の光、夏の風』、チカちゃんが弾くのに成功した後は、同じ曲なのだが少しばかりキラキラ度が増した気がした。歌詞がないのだから直接的に感情が言葉になってはいないのだが、弾いている人の表情や音色で気持ちが伝わってくる。

 

・無音の表現

これも音の使い方になるのだが、この映画は無音のシーンが多く出てくる。例えば、ハルタとチカが二人で楽器を磨いているシーン、ハルタが一人でいるシーン、そしてラストの主演二人の顔がアップになるシーン。吹奏楽がメインの話だからこそ、音楽が流れているシーンと無音のシーンが対比になっている。何もキャストがしゃべらないからこそ私たちが想像することができる。この部分は小説的だといえるかもしれない。

 

・定点カメラ

吹奏楽部のメンバーがぶつかり合うとき、カメラワークが変わらず一点からその光景をながめることになる。発言する人の顔がアップにならないのは珍しい。なぜこの演出にしたのかは考えが及ばなかったが個人的にこのシーンがとても好きだった。

 

◎まとめ

自分的にはこの作品は文学的要素があってとても好きだった。ただ顔がいいだけの男女が”吹キュン”するだけのお話ではない。作品がよかったからこそ、予告編の作り方がとても気になってしまった。届くべき人に届いてない気がする。

 

 

キセキ あの日のソビト を見た。

記念すべき第二回目!!!

今回は『キセキ あの日のソビト』を見た。f:id:raynazarashi:20170227230925j:plain

 

前回の記事でも書いたが、私は音楽映画が大好きなので(ララランドも見に行きたい)今回の映画も胸に来るものがあるという期待と主演の菅田将暉の演技が個人的にすごく好きなので、ダブル期待で見た。

 

よかったところを書き連ねたいと思う。

 

・やっぱり歌が反則

期待していた通り、よい音楽映画だった。本編では菅田将暉率いるGreeeenが3曲披露するのだが、どの曲もいい。特に私は『キセキ』にやられた。物語の展開としては大きな山場が後半にあるわけではないのだが(少なくとも私はそう感じた)、なぜか『キセキ』が流れ出すと鼻がツーンとしてしまうのだ。スクリーンのなかで涙ぐんでいる松坂桃李といっしょに泣く。この作用はなぜなんだろう。

 

菅田将暉、普通の男の子もできるんだ!!!

菅田くんは若手の中で1位を争う演技派俳優なだけあって色んな役をやっているし、高い演技力を求められるようなぶっ飛んだ役も多いように感じる。ぶっ飛んだ役をやりすぎて、普通の人を演じている菅田くんを久しぶりに見た気がする。

自分の好みなのだが、彼の普通の人の時のしゃべり方が好きだ。すらすらしゃべるんじゃなく、考えて考えて言葉を紡ぎだすようなしゃべり方。通常の人間がしゃべるときと同じ感じがする。

 

◎まとめ

音楽映画としては歌詞を考えて聞いていないのに、涙がでてきてしまうのは正解だといえるだろう。しかし、今回は音楽に重視しすぎて映画の中身の起承転結のつくりが甘かったように感じた。

 

 

「君と100回目の恋」を見た。

今年初映画はmiwa、坂口健太郎出演の「君と100回目の恋」だった。

f:id:raynazarashi:20170219114651j:plain


スイーツ()映画だし、miwaの演技って上手いん?と恐怖ではあったが、坂口健太郎が好きなこととタイムリープもの好きには抗えないことで見てしまった。

 

よかったところを書き連ねていきたいと思う。

・坂口健太郎がやばい

もう最初から語彙力なくなってる。書く練習なのに、、、、、

坂口くんの爆モテ彼氏感。手が大きいからmiwaと手をつなぐ男の感を見せつけられるところとかあと抱きしめるときに必ず手を頭にもっていってくれるところとか。

自分の中で一番きゅんとしたのはみんなで夜の海岸に来ていて、他の仲間たちが立ち上がったときmiwaも立ち上がろうとするんだけど、その手を坂口くんに引っ張られて胸にすっぽりinするっていうシーンですかね。(ここまで一息)

あと、坂口くんがうとうとするシーンがあるのですが、その隣にいてくれそう感もいい。

なんていうか、坂口健太郎くんってファンタジーではないんですよ!!!!

程よいリアル感。頑張って探したら大学のどこかにいそうな感じ。それがSFちっくな作品にリアルな要素を足しているのかなと思った。

黒崎くんの言いなりになんてならない」の月川翔さんがこの作品も監督しているのだけど、この監督はきゅんとはなんたるものかと知っているのかしら。

 

タイムリープもの

タイムリープものの魅力って、どんなに過去に戻っても未来を変えることはできなくて、最終的には運命に従順するしかないところにあると思うのだが、この作品もこの魅力がふんだんに詰まっていると思った。そして、それがたまらなく泣けた。映画館1泣いている自信があるくらい泣いた。

この諸行無常さに泣けるかってことは普通の日常の幸せさ、好きって気持ちにかかっていると思うのだけど、その対比が今作もしっかりとつけられていたと思う。

 

・曲がいい

最近俳優が歌を歌うことが多すぎて世間はうんざりしつつあるけれど、やっぱり作品と連動した音楽は心を揺さぶられるし、音楽映画は映画館で見るべきだと思う。歌詞が各シーンのことを表しているのだとしたらもっと最高。音楽と結びつけられた映画ってその曲を聴くたびに映画のことを思い出すし、感動が何度もよみがえってくる。

今作はmiwaが職業歌手なおかげで曲としてのクオリティーは高いし、この曲が物語を支えている点でmiwaのキャスティングは成功だったのではないだろうか。

 

◎まとめ

想像通りといえば、想像通りかもしれないが「君と100回目の恋」はきゅんきゅんすることができて涙活もできる私好みの映画だった。

2016年夏に「時をかける少女」にはまった人にはとくにおすすめかもしれない。